バズ・バス

ケープタウンよりポート・エリザベスまでの約600Km続くインド洋の海岸沿いは「ガーデン・ルート」と呼ばれ、湖や森、砂浜や渓谷と言った綺麗な風景が続く中、町並や漁村、ビーチや農場といった自然を感じられるルートとなっているでしょう。このガーデン・ルートを堪能するには、なんと言っても「バズ・バス」を使わない手はないでしょう。これは、バックパッカーにはお馴染みの中型バスと言え、南アフリカ各地のバックパッカーのための宿を巡りながら、ケープタウン、ポート・エリザベス、ダーバン、ヨハネスブルグ、ブレトリアを回っているバスのことを指しています。宿泊している宿に迎えにきてくれる上、次の目的地となる宿まで送ってくれるため、初めての場所でも移動が楽な上、比較的安全という面がメリットとして挙げられるでしょう。各都市まで出ることができれば、そこから見所などへのシャトルバスなども出ているため、都市を拠点として観光地を巡ることも可能でしょう。チケットの中には「Hop on Hop off」という、到着地までのチケットを買えば、そのルート上では乗り降り自由といったチケットもあるほか、全てのルートで乗り降り自由といったトラベル・バスもあるようです。予約も行っているため、予定が見えた時点で宿泊予定の宿に頼んでおけば代行して予約してくれることがほとんどのようです。大体週に4回の運転がされているので、予定を見つつチャンスを逃さないように活用すると良いでしょう。40を超える都市に約200軒以上の提携宿があるとされ、多くのバックパッカーに活用されていると言えるでしょう。バスに乗り合わせる観光客も、お一人様が多く、長い時間を共に過ごすため、生涯の友達ができることも少なくないのではないでしょうか。

「行きたいから読むんじゃない。読むから行きたくなるアフリカ旅!」TOPへ