憧れの街を味わい尽くす

アフリカ1の憧れの街といえば「ケープタウン」ですが、この町の魅力は最低でも2日間なければ味わい尽くせないと言えるでしょう。

もし観光にケープタウンを経由する際には完璧なモデルプランを組んでいくべきではないでしょうか。

まず外せないのが、ケープタウンのシンボル「テーブル・マウンテン」ではないでしょうか。頂上からの景色は圧巻の美しさで町を一望できるでしょう。そこからそれぞれの目当てである、グルメやショッピングなどが楽しめるウォーターフロントへ繰り出していくと良いでしょう。

悪天候の日にはケーブルカーが動かないため、訪れる日程とタイミングにもよりますが、できるだけ天気の良いうちに登頂しておくと悔いなく観光できると言えるでしょう。また、ケーブルカーはネット予約もできるので予約しておくと良いでしょう。

疲れた体にはウォーターフロントでのティータイムがオススメで、テーブル・マウンテンを眺めながらカフェなどで食事をするのも楽しいでしょう。

町中では現代アートの発信地だけあって、様々なパフォーマンスグループなどにも出会えるでしょう。お店に並ぶ雑貨や小物も、アフリカらしい魅力にヨーロッパの雰囲気が融合された面白いデザインのものが見られ、歩いているだけでも楽しい気分にしてくれるでしょう。

また、アフリカのイメージからはとても意外と言えるのが、シーフード溢れる食事ではないでしょうか。実はケープタウンは美味しくて新鮮な海の幸でも有名な街でもあるようです。

美味しい白ワインも多く、合わせて生牡蠣やムール貝を楽しむのも良いでしょう。他にもマレー・クオーターにある博物館では、かつて奴隷として暮らしていたマレー系の人々の歴史なども学べるようです。しかし、この地域は気をつけなければ治安が不安定のため、ガイドなどをつけることをお勧めします。

「行きたいから読むんじゃない。読むから行きたくなるアフリカ旅!」TOPへ