ケープタウン

雄大なケーブル・マウンテンに囲まれ、活気あふれる街といえば「ケープタウン」でしょう。

ここはアフリカ観光におけるハイライト的存在と言えるのではないでしょうか。この町は、その昔にオランダの東インド会社が航海の中継地点として基地を建設してからというもの、南アフリカの中心地として栄えてきた町と言えるでしょう。

地元の住民は町への親愛の情と、先祖への尊敬を込めて「マザーシティ」と呼んでいると言われています。現在では近代的な街並みも有名ですが、歴史的な建造物も多く残っており、鮮やかな海の色と眩しい山々の緑や花の色に囲まれた素晴らしい町であると言えるでしょう。大自然とともに存在する町が、たくさんの笑顔で迎えてくれる感動は幸せ以外の何物でもないでしょう。

ケープタウンは「美食の町」とも呼ばれており、様々な文化の入り混じる多様な料理を楽しむことができる他、観光客を魅了する豪華リゾートホテルも必見でしょう。

また、アフリカらしい神秘的な雰囲気を漂わせる雑貨や洋服はもちろん、ヨーロッパのデザインなども融合した新しい魅力のアイテムが盛り沢山のショッピングもおすすめでしょう。

町の中には至るところにアートスポットが存在し、南アフリカでは現代アートの発信地という点でも注目を集めていると言えるでしょう。町も周辺の大自然も、見どころ満載な素晴らしい町であり、観光客の溢れる土地ではありますが、アフリカを味わい尽くすには外せない町であると言えるでしょう。

できれば2日間ケープタウンに滞在し、遊び尽くし、味わい尽くすのが望ましいと言えるでしょう。旅行者で賑わうウォーターフロントから雄大なテーブル・マウンテンが見えるのも、町と自然を同時に感じられるポイントと言えるでしょう。

「行きたいから読むんじゃない。読むから行きたくなるアフリカ旅!」TOPへ